Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棚田の風景

千早赤阪村の棚田

IMG_0030.jpg


地元からほど近くにこんな素敵な風景が見られる場所があります。
もう今はなかなか見られない美しい田園風景が保存されています。
この日も沢山のカメラマンが来てこの風景を撮影していました。

東洋の美しい風景の一つが棚田です。
おそらく、見ている分には美しい限りですが、水田を耕す人々の苦労はかなりのものではないかと思います。

今では見られなくなった、貴重な自然の風景が、これからもなくならないようにとささやかな願いです。

IMG_0028.jpg

スポンサーサイト

噂の上海! - その1 -

Paris in Asia



「エクスポ」でまさに今、"旬"の上海に行ってきました!

旅行の当日、関西空港にはあちらこちらに中国からの団体観光客の姿が見えました。
沢山の方が日本に来られているという事ですよね。

上海航空の飛行機に乗り込んで見渡すと、やはり中国へ帰られる団体さんが多い様子。
大阪から上海への飛行時間は約2時間。
すぐに軽食のサービスがあって、スチュワーデスさんがワゴンを引いてやってきます。
「なんちゃんらかんちゃらメン?」「なんちゃらかんちゃら○×?」(ビーフ or チキン?の中国語版)
と聞かれるから、きっとメンは麺に違いないと確信し、そのなんかわからん発音をまねして、「なんちゃんらかんちゃらメン!」と答えました。
渡された食事を開けてみると・・「麺ちゃうや~ん。ご飯やん!!」
心の中で、「上海航空やしな、きっとスチュワーデスの人も中国人しかいてないねんわ。。」と思っていたら、後ろの席に座っている人には、「和食になさいますか? スパゲティーになさいますか?」って。。ちゃんと日本語で話してるやん!! そのスチュワーデスさん、日本人やんか~
それって、私完全に中国人に思われてるんか~。
何の躊躇もなく、中国語で話してくるなんて。私ってすごい、ネイティブ・チャイニーズに見えるんや!!

そして、関西空港からたったの2時間でやってきた上海は、私の想像を遥かに超えた超都会。
ここは本当に共産国中華人民共和国?と何度も思ってしまうほどでした。
近代的高層ビルの合間には、レトロちっくな洋風のビルが立ち並び、そしてまた東洋的な昔風の古い建物も残っていたりと、東洋と西洋が混じり合った不思議な空気を感じます。
というより、ここが東洋かと思うほど、西洋的な街。
確かに、ここは"東洋のパリ"と言われているらしい・・

それにしても、私の中国についてのイメージは木っ端微塵と吹っ飛んでしまいました。
街はモダンで道行く人もなかなかおしゃれです。
車は新車がびゅんびゅん走っていて、昔自転車だらけの中国をテレビで見ていた私はもう浦島太郎状態。
タクシーはみんなフォルクス・ワーゲンだし。。街のあちこちには公園や、街路樹も多く緑を取り入れた街づくりが整っています。

Sh-street.jpeg

大阪、完全に負けてるや~ん。。。

何もかも「すっごいな~!!」と圧倒された始めての上海でした。

~ つづく ~


スクラップブック

スクラップブックを作ってみました!
突然思い立って、旅の想い出をスクラップブックにしてみました。



写真のプリントをしに写真屋さんに行くと、そこにおしゃれなマスキングテープで無造作に写真が貼付けられた、可愛い表紙のアルバムが飾ってありました。
「わっ! こんなの私も作ってみたい!」それがきっかけでした。

SB-2.jpg

で、思い出したのです。
旅の帰りの飛行機の中で見た映画。
「New in Town」という映画でした。
主演は「ブリジット・ジョーンズの日記」のレニー・ゼルウィガーとイケメンジャズシンガーのハリーコニックJr.
ストーリーとしては単純明快なロマンスコメディ。
フロリダでキャリアウーマンとしてバリバリ働いていた女性が会社の上層部の命令で、ミネソタの田舎町にある工場のリストラを目的に派遣されるのですが、冬の寒さと田舎の暮らしにカルチャーショックをうけながら自分も変わっていく・・そんなストーリーです。

SB-5.jpg

映画の中での舞台設定はミネソタですが、寒い寒い冬のロケはカナダのマニトバ州、ウィニペグで撮影されたそうです。その寒い冬の間、地元の主婦達が家に集まって何やら手芸のようなクラフトをしているシーンがあったのです。
それがスクラップブッキングでした。

SB-3JPG.jpg

主人公のLucyにクリスマスにプレゼントされた素朴で小さなアルバム!
それが完成したスクラップブック。
何となく、冬の寒さの中、心のこもった温もりが感じられる素敵な贈り物でした。

SB-7.jpg

そして、私も!下手くそながら、まねして作ってみました。
なんでもかんでも貼付けて、ま、これでいっかー!!

この映画のwebsite、覗いてみて下さい。
素敵なスクラップブック風になっています。
ここの New Ulmというところをクリックしてみて下さい。

New in Town

そして、笑える事にこのsite中に、ミネソタ弁の発音レッスンもあります。
ぜひ、練習してみて下さい。楽しめます。

単純ながらも、見終わった後にほのぼのと心温まる映画でした。


私の大好きな場所・カナダ -その1-

カナディアン・コテージ・ライフ ~オンタリオ その3~



昼間の水辺を楽しんだ後は、静かな夜がやってきます。
携帯電話の電波もここでは届かない淋しげな夜。
11時を過ぎると真っ暗な湖畔。ふと夜空を見上げると素晴らしいプラネタリウムの世界が広がっていました。
「星の数ほどある」と沢山の事をいうのに例えがあるのは知っていたけれど・・・
「星ってこんなに沢山あったんや?!」
星が降ってくる感じというのは正にこういう事をいうのでしょう!
首がだるくなるくらい空に見入ってしまいました。
天の川、Milky Wayは七夕にしか見えないのかと思っていた私はびっくり!!
星空の間に雲が漂うような、そんなミルキーウェイが帯のように流れています。
大きな流れ星がふたつ、ものすごいスピードで燃え尽きていくのが見えました。

本当は空にはこんなに沢山の星があるのですが、都会の空は明るくて肉眼で見えるのはほんの一部だけなのだそうです。
30年以上も天文観測が趣味のMichaelが大きな望遠鏡を備えていて、覗くと木星のシマシマ模様がくっきりと見えました
そして、ゆっくり空を横切る物体! 星のようで星でない、(ベンベン)それは何かと尋ねれば(ベンベン)・・スパイ衛星! スパイ衛星!
肉眼で見えました。色んな国が打ち上げているらしいです。 すごいなー。。。


lake-morning.jpg

夜が明けて、湖は朝霧に包まれています。
さて、美しいカナディアン・コテージ・ライフとお別れです。
みんなと名残惜しい「さよなら」をして、私はMichaelの車で最寄りの小さな町パースまで送ってもらいます。

perth-ont.jpg

パースはスコットランドから移り住んだ人達が作った町で、古くてとても可愛い家が沢山残っています。LovelyなB&Bや地元の作家さん達のStudioもあるらしく、今度はゆっくり訪れてみたい町です。

petro-canada.jpg

そして私はこのガソリンスタンドの端にあるバス停から、グレイハウンドバスで次の目的地、Montrealへと向かいました。
ガスステーションには、夏を楽しむライダー達が次々に給油に訪れていました。
短い夏をみんな思い思いの想い出でいっぱいにするんですね!

私もカナディアン・コテージ・ライフでエネルギー満タン!!


私の大好きな場所・カナダ -その1-

カナディアン・コテージ・ライフ ~オンタリオ その2 ~

chair.jpg

コテージに到着後は裏庭で、ちょっとおやつに手作りピザとサラダ!
そして、ドリンクにはライムのジントニック!
極楽、極楽!



コテージのバックヤードはすぐ湖です。
みんなは暑さを凌ぐためにそろそろ水に入りたそうな気配です。
さっそく、水着に着替えて湖に飛び込んでいきます。
大きな水しぶきとバッシャーンという音とともに気持ち良さげにスイスイと泳いでいきます。
あ~、カナヅチの私は・・・情けない! 人生これはかなりの損!
(やはり、いつかスイミングスクールに通わないと。。と心に決める!)

ま、木陰でゆっくりさせてもらいまっしょ!!

lake-4.jpg

なんとなく、シンクロナイズド・スイミング風。
みんなで円陣組んで泳いでまーす。

さてさて、その次は、カヌーに挑戦!
私はカナヅチなので、実はちょっと恐かったのですが・・ま、ライフジャケットもあるし、Judyと義理の弟のJimが後ろに乗ってくれているので安心。
先頭に乗りまして、カヌー漕ぎに挑戦しました。。。(以前にも2度ほどカヌー体験していますが・・)

最初は少々ナーヴァスになっていたのですが、ほんとに気持ち良くてカヌーは水面を静かに静かに滑るように進みます。
湖面には陸上の風景、木立や家、空を漂う雲がまるで鏡に映したようにくっきりと浮かび上がっています。

DH000166.jpg

どこまでも、湖を漕ぎ進むと、ザーザーという急流の音。
そして、「ここから先、急流あり、危険!」という看板あり。
ひえーっ!! こわいよーー!

もちろん、その手前で、ゆっくり方向転換。そしてコテージへもどります。
時は夕暮れ。
空の色、水の色、雲の色。
何もかも心にしっかり焼きつけておきましょう!!

canoe1.jpg

おそらく、私のこの夏一番の風景!

しかし、日頃の運動不足、オールかいてたら手がつりそうになってきました。
あとは、うしろのJudyにオールを渡してひたすら、風景に見とれていました。

また、カヌー、漕ぎたいな~!

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

かしわもち

FC2ブログへようこそ!
普段はワイン関係の会社のOLをしています。富田林市にあるじないまち、歴史的建造物が数多く残る小さな町で、週末だけの雑貨とギャラリーの店「じないまちterra」をしていました。
今はお店も閉めてまた会社員onlyとなりました。

Extra

プロフィール

かしわもち

Author:かしわもち
FC2ブログへようこそ!
普段はワイン関係の会社のOLをしています。富田林市にあるじないまち、歴史的建造物が数多く残る小さな町で、週末だけの雑貨とギャラリーの店「じないまちterra」をしていました。
今はお店も閉めてまた会社員onlyとなりました。

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。