Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Imagine




オーストラリアへの旅の途中、バンコクでのトランジットとなり、せっかくなのでバンコク市内に出てみることにした。

ガイドブックも持っていなかったし、すでに夕方で主要な観光ポイントはもう閉まっている時間になっていたので、とりあえず、あてもなくダウンタウンに向かうバスに乗った。

バスから見るバンコクの風景は、以前来た事のあるバンコクとは全く違って高層ビルが立ち並び、ハイウェイが交差する大都会の光景となっていた。

バスの乗客は欧米系のバックパッカーがほとんどで、それぞれに大きな荷物を持っている。私はどこで降りればいいかもわからず、みんなが降りるところで一緒に降りた。
降りたはいいけど、ここはどこ?
前を歩いていた大きなリュックを背負った若いかわいらしい白人女性に、ここはどこかと尋ねると、「すぐそこにある交番の前の筋を曲がってみればいいよ!」と教えられた。
言われる通りに行くと、そこはパックパッカーの聖地と呼ばれるカオサン通りだった。

なんでここやねん・・
私、パックパッカーと違うにのなぁ。。。見てわからんか!
本来はラグジュアリーSPAに行きかったのに・・・
でも、なんとなく、違和感なく溶け込んでいるような気もする。

バスで横に座ったオランダ人のおじさん(お兄さん?)は、「バンコクももはやニューヨークと同じだよ。都会はどこも一緒さ! でも、カオサン通りは昔のまま!」と言っていた。ヒッピーのメッカなのだ。

日も暮れて、通りの側のバーからはライブの音楽が聞こえてくる。

ジヨン・レノンの「イマジン」
子どもの頃、初めてこの曲を聞いた時はこの曲が嫌いだった。
ジョンレノンの顔も嫌いで、声も嫌いだったのを覚えている。
もちろん、この歌の歌詞の意味もわかるはずもなかったし。

今、この曲を聞くと、ほんとにいい曲だとしみじみ思う。

「天国も地獄もない世界、国もなく国境もなく、殺し合うことも宗教さえもない。そんな世界。
きっと人は僕のことを夢想家と呼ぶかもしれない。でも、そう願っているのは僕だけではないはず。。

白人の20歳くらいの若者達が、上半身裸でカオサン通りの道路わきに座って曲にあわせて歌っていた。

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one

いつかそんな時が来るのかどうか・・・如何せん、現時点ではやっぱり夢想家になってしまうのだろう。人間が人間でいる限り、民族紛争も、宗教紛争も絶え間なく起こっている。

そして、何を見る訳でもなく、そこで一緒に口ずさんでいた私はヒマジン?

スポンサーサイト

きんつば




東京本社から社長がやって来た。
おみやげに「きんつば」を持って・・・
きんつば・・・きんつば・・・

社長は50代のスイス人!

なんてまにあ~く(maniac)なんや!! ディープな外人だ!
きんつば。。あんこばっかりのあのお菓子。社長はきんつば好きなんだろーか?
そんな外人見た事ない。。それともきんつばって何か知らないとか???
今どき、こんな甘いお菓子好きなのは、日本人でもおばあちゃんくらいかも知れない。

でも、私は大好き!!

社長が帰ってから、さっそく開けてみんなで食べることにした。
こんなん食べるのだろうか?? 同僚のポーランド人。。

・ ・ひと口でたべた!・・あんたもディープや!

“かしわもち”が働いている会社はかなり特殊な環境にあると思う。
小さい会社だけれども、いたってマルチナショナルな会社。
様々な国籍の人が働いている。 そう言うとすごく洗練されていて知的なイメージを抱いてしまうかもしれないけれど、いやいや、ほんとに理解に苦しむ事が数多く存在する。
旅行に行ってカルチャーショックを受けるのは、それはそれで楽しい。でも、毎日の仕事となると楽しい事ばかりではないのが現状。

上司を上司ともせず、自分の意に反する事には徹底的に論争するという姿勢は見事だ。そして、思いっきり言いたい事を言ったら、また元に戻るその切り替わりにもびっくりする事がある。
ま、でも、ひねくれ者の“かしわもち”には、そういう所が結構気に入ってるところでもある。。。
予想外の事がいっぱい起こるから、おもしろくて、この職場辞められない!

日本の常識は世界の非常識! それをひとつひとつ学んでいくのもまた楽し!

冷蔵庫に4つ残っていた「きんつば」は、翌日は1つだけになってしまっていた。
またひとつ発見! ポーランド人は「きんつば」が好きだった! 

さーぷらいず

仕事から帰ってくると、お友達の“ぬーぼー”さんから思わぬプレゼント!!
いつも明るく太陽のようにほがらかで、おめめにはお星さまがキラリと輝くベティさんのような“ぬーぼー”さん!
“ぬーぼー”さんの焼くパンはとってもおいしいの!
レーズンから天然酵母を作リ、ひとつひとつ丁寧に焼いている、まるまる(一から十まで)オリジナルパンなのです。トースターで少し焼くと表面はカリッと香ばしく、中はモチモチの食感。お腹のもちもよく、たいへん健康的なパンなのです。甘い菓子パンはたくさんあるけれど、こんな風にお食事にできるパンはなかなか見つけられないのですが、“ぬーぼー”さんのパンは自然の味がいっぱい詰まったお食事パンです。“かしわもち”はもう何年も前からこのぬーぼーパンの大ファンで、たいていの種類は食べつくしましたが、まだまだチャレンジ精神旺盛のぬーぼーさん、新しい種類のパンも増えているよう。ファンとしては全種類制覇しないと気がすまない。。
今度はよもぎパンをお願いしました。

さて、今日頂いたパンは、パンプキン&パンプキンシードパン、竹炭パン、レーズン&玄米パン、ポテト&チーズパンそしてオートミールパン。
そんじょそこらにあるパンと違うでしょ!?

これは明日、会社のハンサムな独身同僚にもおすそわけしてあ~げよー!!
きっと喜ぶに違いない!(・・・どこにいるねん? そんな同僚!)
そして、私の株もあがる!!

ぬーぼーさん! どうもありがとう!!




そして、ぬーぼーさんのBlog!
これがまた、写真も見応えありのすごい傑作なのです!!!
ぜひぜひ、見に行ってください!
http://ahabnubo.exblog.jp/


そして、天然酵母パンのHPは
ぬーぼーのパン
です!

オーストラリア その4 ~ Dog Beach ~

びっくりです。オーストラリア・パースにはDog Beachと呼ばれる、犬と馬専用のビーチがあるんです!
それも、こんなに美しいピーチ。どこまでも続く白い砂浜。インド洋を見渡すエメラルドグリーンの海。
日本の海岸では考えられない、この人のまばらさ!
日本の浜辺では人間すら泳ぐスペースがなく、芋の子洗い状態なのに・・
オーストラリアの犬と馬は幸せだと思いました。




そして美しい都市、パース。
あっという間の旅でした。またいつか絶対訪れるつもりです。
今度はもうすこし涼しい季節に!




オーストラリア その3 ~犬、車、ビキニ!~

わたくし“かしわもち”が2月に訪れたオーストラリア、スワンヴァレーのワイナリー、Houghton (ホートン)の地下ギャラリーでは地元アーティスト Dez Smith氏の絵画展が開催されていました。
Popな色調で親しみのある素材。ひとめで気に入ってしまいました。
オリジナルは高くて買えないけどコピーなら買えるので2、3点買って帰りました。

彼の作品になくてはならないもの、それは西オーストラリアの風景とモチーフには犬、車、オーストラリアの動物、そしてビキニ!

ビキニはいったい誰のもの?
流れ、流れて、いろんなところを旅するビキニ。
いつか持ち主の元へ帰れるのかビキニ! 
そしていつかは持ち主も描かれるのか!

それにしてもビキニを流された女性は、どうやって海から出たのか!
ま、外国の海岸ではトップレスも珍しくないか! たいした事ないんやきっと!
ちなみに、“かしわもち”の想像では、持ち主は若い女性ですが・・・なにせ、西洋の人はけっこう年輩のおばちゃんでもビキニ着てるからなぁ。。

持ち主は現れないほうがいいかもしれない。。

Dez Smith氏のサイトです。是非、是非、見てみて下さい。
www.dezsmith.com



オーストラリア その2 ~ワイナリー~

私が2月に訪れたのはオーストラリア西部の美しい都市パース。2月は最も暑い季節だそうです。
50日近く雨が降らず、かなり乾燥していて山火事も多発しているとの事でした。山火事の後の黒こげの樹木を見て、地球の温暖化はかなりのスピードで進んでいるのを実感しました。

水不足を解消するために雨水を貯めておくタンクが家の庭に設置されていたり、日光から電気を作り出すソーラーパネルを屋根に取り付けるなど、資源やエネルギーの節約の意識が、ここの人々には浸透しているように思えました。

温暖な気候のためこのパース近郊でも葡萄栽培がさかんで数多くのワイナリーがあります。
特に有名な地域はMargaret Riverですが、これはパースから車で4時間ほどのところにあります。Margaret Riverほどではないですが、パースから1時間ほどのところにSwan Valleyという地域があり、そこにもいくつものワイナリーが点在しています。
今回はその中の2つのワイナリーを訪ねることができました。

どちらもスタイリッシュでモダン。
大きなレストラン、結婚式のできるホールのある Sandalford (サンダルフォード)。
サロンのようなロビー兼テイスティングルームと地下にギャラリーを併設している Houghton (ホートン)

ワイナリーはひとつの社交場となっているのですね。
気持ちのいい晴れた午後、人々は屋外の葡萄棚の下でおいしいワインとお料理を楽しんでいました。

しかし、このまま地球温暖化が進んだら、いつか南極ワインや北極ワインも登場するかもしれないわ。。
ま、その頃は私達が今住んでいる場所は海の底かもしれません。。。




かしわもちの店長だより

今日は土曜日、店番の日です。

じないまちはすっかり春模様。このあいだまで真冬並みに寒かったのに、今日はもう暑いくらいです。
しかし、町家の中はごつい上着がいるくらいの寒さを感じます。
それにしても、静かな、静かなじないまち。

近鉄富田林の駅を降りて、徒歩約5分でこのじないまちの入り口に辿り着きます。
うちの店はその入り口付近なのでとても便利な位置にあります。
こんなに駅からすぐの場所に昔ながらの街並が残っているなんて貴重だと思います。ほとんどのところは駅から近い場所なんてとっくの昔に開発されきってしまい、どこもかしこも新興住宅地になっているのが常ですから。
そして駅からじないまちへと続く本町通りに小さな書店、芦田書店があります。
店主の芦田さんは面倒見がよくて人情味あふれる心暖かい女性です。そして地元の商店街の活性化にいつも前向きに取り組んでいます。今日はその芦田書店で「たまの駅長だより」を買いました!

和歌山の貴志川線、貴志駅の駅長に任命された猫の‘たま’。
一度は廃線が検討されていた貴志川線の存続を駅長‘たま’がお手伝いしたという、まさにすごい‘まねき猫’の写真集がこの「たまの駅長だより」なのです。
猫好きの“かしわもち”にはもう、宝物のような本!
だってけなげじゃないですか~。猫が駅長なんて!!
そして一目‘たま’を見ようとたくさんの人が乗るようになった貴志川線。
その電車はいちご電車と呼ばれるいちごの模様のついたかわいい電車! (いちごは地元の特産物なのだそうです。)

じないまちもたくさんの人が町興しの為にがんばっています。芦田書店の芦田さんもそのひとり。
みんなががんばっているこの素敵な町がもっと沢山の人に知ってもらえたら嬉しいなぁ。

是非、今度、いちご電車に乗って駅長‘たま’に会いに行こうと思っています!!
(でも、きっとうちの猫が言ってる。。。なんで、そんなところまで、よその猫を見に行くのか!
ここに可愛い猫がいるのに!)




でっかいマフィン焼きました!

毎日プログを書くのもたいへんだという事がよくわかりました。
何をやっても三日坊主の“かしわもち”にとって、かなりへこたれそうになります。「がんばって続けるんだ!」と自分に言い聞かせてはいるものの・・たぶん、そのうちすぐに飽きるはず!

ネタも、そんな毎日毎日あるはずもなく・・
そういう時はこれでいきます。

《でっかいマフィン焼きました》

材料混ぜて焼くだけです。三日坊主でぐーたらの“かしわもち”でも作れる簡単なマフィン。
結構美味しいから試して下さい。

◆材料◆
◇小麦粉 (薄力粉) 2カップ
◇ベーキングパウダー 小さじ2 (10g)
◇塩 小さじ1
◇バター 125g
◇グラニュー糖 (三温糖もいい) 1カップ
◇卵 2個
◇牛乳 3/4 カップ
◇りんご 1個 (皮をむいて適当に薄くスライスしてから小さく切って下さい)
◇レーズン 適当
◇冷凍のブルーベリーを解凍したもの  適当

上記の材料を混ぜあわせて、オーブンで190度に設定し約60分焼きます。
(オリジナルレシピでは190度で25分と書いてありますが、私の使っているオーブンではどう考えても25分では無理です。50~60分はかかります。オーブンによりけりなので、ちょこちょこ様子見ながら焼いて下さい。)

普通はマフィンの型 (紙のカップ)に分け入れて焼きますが、めんどーな私は丸形の大きな器にぜーんぶ流し込んで焼いてしまいます。
上に薄くスライスしたリンゴを並べて焼くとちょっと見栄えします。
オリジナルレシピではリンゴではなく、ブルーベリーのみを1カップ半の分量で焼いています。
ブルーベリーがない事も多いので、リンゴやバナナでもおいしいです。
バナナの場合は甘くなるのでお砂糖は少し減らしてもいいかもしれません。

食べる時は切り分けて、レンジで20~30秒ほど温めるとふんわりあったかでおいしいです。紅茶とよく合います。
でも、パティシエがつくるような繊細な味を期待しないで下さいね。素朴な家庭の味って感じです!

是非お試し下さい。

ネタのない時はレシピもんで埋める事にします。



ドライブぴあ関西版

今日は祝日。
会社も休み。お店も休み。
あ~、嬉しい!
でも、あいにくお天気は雨模様です。
ま、でも、ぐうたら“かしわもち”にはこういう日はちょうどいいのです。
家でぐ~たらできてラッキーです。

お店の記事がドライブぴあ関西版に掲載されました。
とっても美しく撮ってもらえて喜んでます。
お気に入りのカナダのスプーンリングも誌面に登場です!

ただ、ひとつ。。
休業日: 月~金、毎月最終日曜
と書いてある。
「じゃあ、いつ仕事してんねん!?」と、突っ込みたくなる記事やなぁと指摘されてしまいました。。。
・・・確かに、その通りです・・・









南アフリカのスパークリング・ワイン!

OLの“かしわもち”は休日の前の日が大好きです。
この日だけは元気です!(・・毎日元気出せよ!・・)
休みの前の日はデパートのスイーツ売り場に行って、次の日に食べるものを選ぶのも楽しみ。ロールケーキにしようか、プリンもいいな。でもやっぱり和菓子かな。柏餅!?(・・共食いか?・・)

今日も仕事を無事に終え、お茶碗洗って、パソコン落として、留守電セットして、さて、「事務所よさらば!!」と帰りかけた、その時電話は鳴った。
電話に出ると、今日必ず届けられなければならなかったワインがお客様のところにまだ届いていないとの事。ひぇ~っっ!!もうすぐ7時なのに・・ 
あわてて、配送会社と連絡を取って尋ねてみると、事故で中継地点への到着が遅れた為にその先の配送にはもっと時間がかかっているらしいとの事。
なんとか解決したものの、せっかくおいしいワインをお届けするのに納期が遅れてしまっては意味がないやん。。。
さぞかしお客様はご立腹に違いない。。。これからもう頼んでもらえないかも。。。
急に暗い休日前日となってしまいました。

でも、そこは“のほほん”かしわもち!
家に帰って、今マイプームとなっている南アフリカのスパークリングワインを飲めば、もうすっかりいい気分!
このワインはハーフボトルなので、私のようにあまり飲めない人にはぴったりのサイズ。
しかもおいしい!!

これで一晩寝れば、きっと明日は明るい日!

おやすみ~!! また明日!



オーストラリア

風来坊の“かしわもち”は春になると「旅に出たい病」が始まります。
平日はOLしている“かしわもち”は今日もコピーを取りながら窓の外に目をやると、日差しも明るく梅の花は満開。
「こんなところで、こんな事してる場合じゃないわ! 旅に出なくちゃ!」とひとり心の中で叫んでいました。「いつかはこんな所を飛び出して世界中を旅して回るんだ!」と心に決めて、早や、ン十年。。また今日もコピー取ってます。

いつもは夏にカナダに行くのが定番の旅行ですが、去年の夏は忙しくてとうとう行けずに終わってしまいました。
夏まで待てない“かしわもち”は先月、2月にオーストラリアへ行ってきました。

真冬の日本を逃げ出して、真夏のオーストラリアへ!!
同僚は寒さの中風邪をひきつつ仕事しいてる中、私は太陽がさんさんと降り注ぐ南半球のビーチへ行くのだ!! 優越感!!

バンコク経由でまる1日かけてたどり着いたオーストラリア。
暑い・・・暑い・・暑すぎる!! 外に出て歩く気にもなれない。
紫外線もまぶしすぎて頭痛でクラクラ!
・・・そりゃ、こんなんでは皮膚がん多発する・・・

カンガルーも暑くて跳んでない。寝ている。。

kangaloo2.jpg


春が来た!

やっと春らしくなってきました。

じないまちterraの土間ぎゃらりーでは3月、4月と大北美紀さんのプリザーブド・フラワーの作品展を開催しています。色とりどりのお花に囲まれて古い町家もきっと喜んでいると思います。

また同時にビーズ作家の東加奈子さんの新作ビーズアクセサリーもお花に負けじと華やかさを競っています。

It's a small wonderland!

春はうきうきです!



preserved-flower.jpg


beads.jpg


Blogデビュー!

はじめまして!

ついにやっとブログデビューとなりました!

もっと早くにしよう、しようと思いながら今日になってしまいました。

ここで自己紹介とさせて頂きます。

わたくし、"かしわもち"は普段はワイン関係の会社でOLをしていますが、縁あって、週末のみ富田林市じないまちに小さなお店を開いています。
性格は極めておおざっぱ。
美味しいワイン(おいしければいい!)、心が和むスイーツ、そして気ままで自由な旅をこよなく愛しております!そしていつかはロードムーピーのような人生を送りたいと思っているものの・・実際は 道路 工事のように遠回りと行き止まりの連続・・・ま、それも人生か!

お店のある「じないまち(寺内町)」は今も時の流れが止まったような歴史的建造物が沢山残された、大阪府では唯一国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている素敵な街です。
お店は約120年前に建てられた町家で、このお家は本当に素晴らしく、居るだけで癒される、そして様々な素敵な人達が引き寄せられる、そんな魅力のあるお家です。

仕事のこと、お店のこと、大好きなこと(ワイン、旅、スイーツetc)、その他勝手なこと等、なんでもありーの独り言をこれからブログに書いていこうと思っています。

もし、よければ、ご一緒下さいませ!




terra1.jpg



Appendix

Recent Trackbacks

Profile

かしわもち

FC2ブログへようこそ!
普段はワイン関係の会社のOLをしています。富田林市にあるじないまち、歴史的建造物が数多く残る小さな町で、週末だけの雑貨とギャラリーの店「じないまちterra」をしていました。
今はお店も閉めてまた会社員onlyとなりました。

Extra

プロフィール

かしわもち

Author:かしわもち
FC2ブログへようこそ!
普段はワイン関係の会社のOLをしています。富田林市にあるじないまち、歴史的建造物が数多く残る小さな町で、週末だけの雑貨とギャラリーの店「じないまちterra」をしていました。
今はお店も閉めてまた会社員onlyとなりました。

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。