Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレリアン・ピーラッカー

気がつけば、もう7月も終わりになっているではありませんか!
ひぇ~、ブログ、かなり長い間さぼってしまいました。。。
何しろ、この暑さ!! はっきり言って思考回路もどこかで切れてしまい、やる気もおこらず、「何にもしたくない病」にかかってしまっていたのです。

しかし、そうも言っておれず、8月のじない町のビッグイベントである「灯路」にむけて、うちの店も何か考えないといけません。

そして、思いついたのが、カレリアン・ピーラッカー!!

何それ?
何回聞いても覚えられない名前!
それはフィンランドのお菓子、というか、甘くないスナックのようなものなのです。

しかし、食べた事もなければ、見たこともなかったこのお菓子。。。
フィンランド・ママに手ほどきをうけ、そして、いつも美味しいお菓子を作ってくれている堺市北野田の「カフェあすか」さんにお願いして、そのカレリアン・ピーラッカーを作ってもらう事になりました。

そして、その試食の日、ピーラッカーは店にやって来ました。
(その日の試食者は2名!)
・・・・・・
なんじゃこれっ?
ゾウリのような、虫のような形。。。
おいしんだろか・・・?
というのが第一印象でした。

karerian-1.jpg

ライ麦と小麦粉を水でといた生地を薄くのばして、その上にミルクで炊いたお米(これは軽い塩味です)のお粥をのせて包み込むように生地を楕円形にして、その縁をつまんで形を整えます。
それを焼き上げたものが上の写真の「ぞうり」ではなく、「木の葉」の形をしたカレリアン・ピーラッカーです。
そのまま食べても優しい塩味で美味しいのですが、通常はその上に、ゆで卵を刻んでバターとあえたエッグバターをのせて食べるらしいです。

Karerian-2.jpg

このエッグバターがまた、なかなかコクがあっておいしいのですよ!
これなら、小腹がすいた時にぴったりのスナックです。
また、このエッグバターの他に、「カフェあすか」さんが用意してくれたのは、カッテージチーズを刻んだものにバターを混ぜたものでしたが、これはもっとしっかり味で、これもまた美味でした。
ピクルスやオリーブを添えたら、ワインにもぴったり合うと思います。

カレリアン・ビーラッカー、初めて食べましたが、お粥を使っている事からか、日本人の舌にも抵抗のない味わいでした。お粥の触感もおもしろいかなと思います。

ただ。。。、このお粥って必要なのか? というのが私たちには共通の疑問でした。
なんでも、お米はフィンランドでは貴重な食材で、特別の日にこのお料理は出されたらしいのですが・・また調べてみます。

なんだ、かんだ、あーだ、こーだと言いながらも、パクパクといくつも食べれそうなスナックでした。

もちろん、それは、これを作ってくれた「カフェあすか」の“お純ねーさん”の料理の腕とおいしいものを作りたいという情熱があっての事なのです!
そう!“お純ねーさん”に感謝です

8月24日(日)はここでみなさんにも、このカレリアン・ピーラッカーを味わって頂けたらと思います。

乞うご期待!!


スポンサーサイト

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

かしわもち

FC2ブログへようこそ!
普段はワイン関係の会社のOLをしています。富田林市にあるじないまち、歴史的建造物が数多く残る小さな町で、週末だけの雑貨とギャラリーの店「じないまちterra」をしていました。
今はお店も閉めてまた会社員onlyとなりました。

Extra

プロフィール

かしわもち

Author:かしわもち
FC2ブログへようこそ!
普段はワイン関係の会社のOLをしています。富田林市にあるじないまち、歴史的建造物が数多く残る小さな町で、週末だけの雑貨とギャラリーの店「じないまちterra」をしていました。
今はお店も閉めてまた会社員onlyとなりました。

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。