Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の風景 - その3-

散歩道の秋

カナダの友人の"地元の写真も見たい"というリクエストにより、大好きな散歩道の秋もご紹介します。

autumn.jpeg

烏帽子山の上にある小さな公園。
木で組まれた遊具も背景の風景になじんだオブジェになってます。
ここの紅葉は黄色い色です。

bamboo-leaf.jpeg

山の周りは竹林もたくさんあって、春はあちらこちらで竹の子も顔を出します。

bamboo-path.jpeg

今年は暖かい日が長く続いたので、秋というよりも、初夏の色彩の竹林です。

eboshipark.jpeg

こんな小径を入って森の中。
木々の間から木漏れ日も差して、酸素濃度もかなり高くなったような気がします。ここではかなり健康に効きそうなウォーキングができます。

tree.jpeg

でも、夏場は。。蛇とか虫とかいるから山には入りません。秋と冬が一番歩きやすいです。
そして、今日は7000歩。目標の1万歩には届きませんでした。
ま、ぼちぼち頑張りまーす。

スポンサーサイト

秋の風景 - その2-

じないまちの秋

大好きな寺内町(じないまち)。
ここも秋は趣がひとしお。



koushoji.jpeg


jinaimca.jpg

そして、屋根が美しいじないまち。

yane.jpeg


yane2.jpeg

秋の風景 - その1-

里の秋



地元河内長野の秋の風景。
毎年秋に「花の文化園」で開催される「ふれあい市」。
この周辺はまだまだ里山の風景が残っています。
河内長野は森林面積が多く、私は大好きです。

fureaiichi.jpeg

ふれあい市では地元で穫れたての野菜や果物が売られています。新鮮で安いから嬉しいかぎり!

fureai-ichi.jpeg

そして、この時期いつも買うのは、お正月用の葉牡丹。
もうすぐ一年おしまい!
今年も一年あっという間に終わりそうです。

fureaiichi3.jpeg

花の文化園はこの日は無料で入場できます。
入り口で出迎えてくれる鉢人形さんたち。

この「花の文化園」もたしか、大阪府の"赤字で削られるかもしれないリスト"に入っていたと思う。でもなぁ。こんなホッとする場所がなくなってしまうのは、なんか残念です。
いかにも、生活に余裕がない、そんな社会を反映しているような気がして・・・

Kana Kana 秋の新作展 開催中です!

Kana Kana「秋のビーズアクセサリー新作展」開催中です!!

kana-1.jpg

いつもterraでキラキラ輝いているKana Kanaさんのビースアクセサリー。
どれもとってもおしゃれで人気があります。
最近は天然石を使ったシック・アダルトなものが多いのですが、今回の新作展では、ちょっと可愛い系のアンティークなリボンデザインのものやフランスビーズを使った繊細なデザインのものが素敵です。

ハート型の黒ビーズにキラっと粒のついたこのピアスは私のお気に入りです。

kana-4.jpg

首のうしろでリボンを結ぶこのネックレスもカッコイイでしょ!

kana-2.jpg

秋はWeddingやらパーティーやらお出かけが多くなる季節なので、ぜひ、Kana Kanaさんのアクセサリーでおしゃれして出かけてください!!

Kana Kana 新作展は11月いっぱい開催しています!!
あなたのお気に入りを探しに来てくださいね。

また、21日(土) 午後1時30分から、Kana Kanaさんのビーズ教室が開催されます。
参加ご希望の方はご連絡お待ちしています。


一週間入院しました。。

入院してしまいました。



11月は私の体の決算期なのか、調子崩すのはいつも11月です。きっとその年の「お疲れさん」と「元気力」が総決算してマイナスが出るとダウンしてしまうのでしょうね。。。かなんです!
そして、今年は高熱を出してとうとう入院してしまいました。
この時期、新型インフルエンザも流行っている事だし、もしや!?・・と心配していましたが、そうではありませんでした。

入院した病室の患者さん達は皆、明るくて優しい人ばかりで助かりました。
年代は私以外は70代以上の女性ばかりで、骨折して動けない方もいれば、内科の病気で点滴をしてる方もいます。
最初はなんだか場違いな場所に掘り出されてしまったような感覚で、さっさとカーテンを閉めて眠ってしまおうと思っていたのですが、朗らかなSさんのおしゃべりが私の心の扉を開いてくれました。

80歳をとっくに過ぎたIさんは小柄なつつましやかな女性です。身のこなしも軽やかで、その隣のベッドに寝たままの姿勢を強いられているKさんの為に、毎朝カーテンを開けてあげ、毎晩、カーテンを閉めてあげています。そして、おちゃめな大きな瞳でKさんのベッドを覗き込んでは様子を聞いてあげます。

知らない者同士、心細い入院ライフの中、お互いにいたわり合い、思いやり、少しずつ相手をわかり合っていきます。

食事の時間はベッドの上に座って、まるで家族のように顔を合わせてご飯を頂きます。
今日のおかずの話から、どうして入院したのか、そして、家族の話から、昔の想い出話まで、日中暇な時間をそんなおしゃべりで過ごしたりします。

それぞれのベッドの上にそれぞれの人生。
そして、たくさんのお見舞客が訪れます。
連れ合いだったり、娘だったり、お嫁さん、ご近所さん、お孫さん達・・・

私にはこの場面がすでに頭の中でミュージカル仕立てになっていました。
舞台の上には3つのカーテン付きのベッド。
松葉杖とギブスの女性達。
それぞれの現在と過去と未来。
いつか、松葉杖もギブスも脱ぎ捨てて、ダンスが始まります。
若い頃の素敵なドレスを着て!!
そして、それぞれの人生にBravo!!

一番年長のIさんが退院する日。
となりのKさんは少し悲しそうでした。
お嫁さん達が迎えにきてくれて病室を笑顔で去っていったIさん。
次の日は部屋で一番朗らかなSさんも松葉杖を持って帰っていきました。

お家が一番。
家族が一番。
健康が一番。

大切なものは何か、それをもう一度教えてもらった私の一週間です。

そして、いつも明るく接して下さった看護士さん、頼りにしてたドクター、優しい同室の方々に心から感謝します。


Appendix

Recent Trackbacks

Profile

かしわもち

FC2ブログへようこそ!
普段はワイン関係の会社のOLをしています。富田林市にあるじないまち、歴史的建造物が数多く残る小さな町で、週末だけの雑貨とギャラリーの店「じないまちterra」をしていました。
今はお店も閉めてまた会社員onlyとなりました。

Extra

プロフィール

かしわもち

Author:かしわもち
FC2ブログへようこそ!
普段はワイン関係の会社のOLをしています。富田林市にあるじないまち、歴史的建造物が数多く残る小さな町で、週末だけの雑貨とギャラリーの店「じないまちterra」をしていました。
今はお店も閉めてまた会社員onlyとなりました。

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。